糖尿病の治療は、食事療法と運動が重要

更新日時:2017-02-23 03:57:12

専門医の方が糖尿病治療について書かれています。

専門医が勧める糖尿病の治療に有効な運動とは

http://newswitch.jp/

食事療法と聞くと、カロリーを抑えたさみしい食事を連想します。でも無理な摂食や我慢は長持ちしません。食事は毎日の生活の中で幸せな時間です。ルールを守り、おいしい食事を楽しみたいものです。運動も食事も自分の病態を理解し、継続 ...

ここ記事の中でおすすめされている糖尿病治療の方法は、運動と食事についてです。糖尿病の原因となり得るメタボリック症候群を予防・改善する為に、適切な運動の量、タイミング、方法について説明されています。空いた時間で手軽にできる、わりと少量の運動でも効果が期待できるようです。また食事についても同時に気を付けることの大切さについても説明されています。大事なのはこういったことを習慣化することだと思います。

糖尿病治療の手引き

まず大事なのは、病気を理解することです。糖尿病とは、血糖値が高くなる病気で、糖をうまく体に取り込めず、血液にあふれてしまう状態です。その原因はさまざまですが、運動不足やカロリーの過剰摂取による肥満が強く関係していると言われています。その為糖尿病の治療では、薬物投与以外に、肥満の原因となる生活習慣を改善することがポイントです。

食事療法

肥満を防止する為の食事は、けっして特別な内容ではありません。間食を避け、1日3食、バランスのとれた食事をとることが基本です。肥満体質になってしまう人に多くみられるのが、炭水化物の過剰摂取です。食事の内容に、米やパン、麺類が多く、野菜やその他おかずの量が少ないのです。他にも食事に時間をかけることも効果的と言われています。満腹感を感じるまでには時間がかかるようなので、ゆっくり時間をかけて食事を摂ることにより、過食の防止につながります。また食事だけでなく、飲み物にも気を付けなければいけません。甘い飲み物には多くの糖質が含まれています。いわゆるソフトドリンクや、ブラック以外のコーヒーは避けるべきです。そしてアルコール飲料にも糖質が多く含まれているものがあります。どうしてもアルコール飲料を飲む場合には、糖質の多いビールや日本酒、果実酒などを避け、糖質がほとんど含まれていない焼酎やウィスキーを飲むことをおすすすめします。

運動療法

運動をすることによって、糖を消費することができます。ジョギングをはじめとする有酸素運動は、主にその運動自体でエネルギーを消費することを目的としています。蓄えられたエネルギーを消費することによって、肥満の改善につながります。そしてスクワットやダンベルを使ったトレーニングなど、筋肉に負荷をかける運動の場合は、筋肉量の増加につながり、筋肉量が増加すると基礎代謝が上がるので、こちらも結果的に肥満になりづらくなります。どちらの運動方法も肥満改善に対して効果がありますが、例えば水泳であれば両方の運動を同時におこなうことが可能であり、肥満対策としてはかなり効率がいいようです。ただし、今まで運動習慣があまり無い場合、いきなり過度な運動をすることは怪我などの思わぬ体の不調の原因となってしまうことがあります。そうなってしまうと、身体を動かすことが難しくなってしまい、逆効果になってしまう恐れもあるので、最初は軽い運動から始めて、じょじょに強い運動へと変えていくことをおすすめします。

Author

  • 名前:紹介者
  • 一言:知識は必要
  • 趣味:散歩

記事検索